サイトの改善

設計段階で、あまりにデザインが極端であったり派手である場合は、今一度「閲覧者に情報を明確にわかりやすく伝えられるか」といった視点に戻ってチェックする必要があると言えるでしょう。ナビゲーション設定においても、各ページの設計図や絵コンテに従い、さらにリンク設定を行っていくと良いでしょう。リンク表現の方法は、基本的に下線が付いている青文字と言えますが、サイトのデザインによってはボタンやアイコン、個性的なイメージマップといったものを使用するという方法もあるでしょう。いずれの方法を選ぶにしても、ホームページ作成の計画段階で大まかなイメージを持てていると良いでしょう。ごくたまに、本文に専門用語などが入っていて注釈が欲しい場合などは、サイトの内外問わず、リンク設定を行っておくと良いでしょう。別に小さいウィンドウを開いて用語説明や概念説明などをするという活用法もあるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です