WEB制作とインターネットの起源

WEB情報は、皆さんの暮らしの中で、ニュースを知ったり、料理のレシピを考えたり、音楽を聞いたり、本を読んだり、連絡を取り合ったり、写真や動画をアップさせたり、買い物をしたり、意見や考えを発信したり、様々な用途に利用され、無くてはならないものとなっています。

WEB制作も、様々な情報を皆さんに提供したり、共有したりする事の中から、様々な形態へと生まれ変わっています。

1969年アメリカで、インターネットの起源と呼ばれるものが生まれました。その後、一般的にインターネットが使用されるようになったのは、1980年代後半~1990年代のはじめと言われています。

1945年~1989年、アメリカとソ連の冷戦状態にあった時期に、戦争時のアメリカの通信機器として開発されました。

1989年、ブッシュ大統領とゴルバチョフ書記長の間に、冷戦の終結宣言が行われると、戦争の道具であったインターネットは、一般人にも公開され、世界中の人々が自由に通信できるようなしくみとして、瞬く間にその存在が広がっていきました。

インターネットの広がりや通信速度の向上などとともに、WEB制作技術やデザインなどのクォリティも様変わりするように変化を遂げています。WEB制作の現場においても、社会におけるWEBコンテンツのニーズや需要性が、人々の価値観の変化などによって大きな変革が成されました。